鷲尾和彦

「極東ホテル」の撮影地について


 
僕の初めての写真集「極東ホテル」(赤々舎 2009年)の撮影地であった、東京・台東区のある小さな簡易宿が昨年営業を終了しました。64年間の歴史だったとお伺いしたので、1950年代後半の創業でした。初めてこの宿を訪ねたのが2005年。ご主人と偶然に知り合えたこときっかけでした。初めてこの場所に立った時、世界の中心に立っているようだと素直に感じました。写真集刊行後も通い続け、15年以上もの長い間、お世話になってきました。
直接的な理由としては、このコロナ禍のために海外からの旅行者が全く来なくなってしまったことです。日本の首都である東京都は他の地方都市と比べ、コロナ禍の中での宿泊業への支援が限定的であったともお伺いしています。ときおり訪れる東京近郊の日本人客がいたものの、それだけでは営業が続けられないと判断されました。
きっと旅人たちは戻って来る、きっとまた誰かに会える日が来るだろうと、ずっと心の中で思い続けていたのだと、その場所がなくなることであらためて気づきました。大きな震災もあってその時も旅行者たちはいなくなったけれど、それでもこの場所がしぶとく続いてきたことを覚えていたから。
震災、スマホやSNSの普及、そして今回のコロナ禍。さまざまな理由によって揺さぶられ、その場の持つ雰囲気も、人々の振る舞いも、この場所そのものも、否応なく変化していきます。この狭い場所では、大きな社会の変化やうねりをいつも鮮明に感じることができました。
洒落た雰囲気の宿泊施設がソーシャルメディアの普及とともに東京都内にも増えましたが、その意味では、この簡易宿は、個人を個人としてあるがままに受け入れる、とてもニュートラルな場としてあり続けたような気がします。
まだ出会える人たちがいたのではないか。もっと写真が撮れたのではないか。何かできたことがあったのではないか。様々な後悔も悔しさも、自分の未熟さも、いろいろな気持ちが込み上げてきます。
時代がつくる様々な変化を受け入れていくことは大切なのだとは思うのだけど、それでもどうしてもそこには「寂しさ」が残ります。そして、その寂しさがまた誰かと出会う気持ちを駆り立てていくのかもしれない。
写真集「極東ホテル」の中に、作家・詩人の池澤夏樹さんが「寂しい惑星(Lonely Planet)」というエッセイを寄稿してくださったのですが、それは決して「孤独」という意味ではないのだと僕はずっと思っています。
写真集を刊行した2009年以降も撮っていた写真を含めて、今また少しずつ見返して行こうと思います。昨晩、少し見返しただけでも、当時の僕には見えていなかった写真、その人の存在が目に入ってきました。またそのことに気づくとともに、こんな未熟であったにも関わらず、またこんな寂しい写真なのに、写真集にしてくださった出版社の方のことを思うと本当に有り難く思わざるを得ません。もう書店にもないでしょうし、旅日記をそのまま綴じたような、もともと朽ちていくことが織り込まれた佇まいの本でした。見返すうちにいつか形が消えてしまう、そういう本だったのです。そういうことも含めて、本当に貴重なかけがえのない経験をさせていただいたと思っています。最後にこのホテルで撮影した写真は、ご主人の息子さんが生まれたばかりの赤ん坊、つまりご主人のお孫さんを抱きかかえた写真でした。まさかその写真が最後の一枚になるとは思ってもいませんでした。今、写真を見直しながら、何度もまた彼らに会いながら、プリントを少しずつしていこうと思います。その先がどうなるのか。簡単に書くことではないのだけれど、もう一度彼らの肖像をまとめることが叶えられないかと思っています。
 

#нетвойне


 

 

“Station and Circus 〜Intersecting Sounds and Images”


 
“Station and Circus 〜Intersecting Sounds and Images” by Daiho Soga (sounds) + Kazuhiko Washio (Images), at CINEMA AMIGO, zushi, Kanagawa. 2021.12.14.
 

Aomori

 

 

 

real SOU #7「Days are woven/織りなす日々」

 

 

 
real SOU #7「Days are woven/織りなす日々」 SOUのほんもの作品展
2021年11月12日(金)〜 11月16日(火)
大阪府茨木市永代町5番 Socio-12階特設会場
 

CINEMA dub MONKS live in Shinjuku

 

 
CINEMA dub MONKS
Date: 2021.9.26.
Venue: Shinjuku Lumine-1 Rooftop (Tokyo, Japan)
 

JR総持寺駅アートプロジェクト作品展示

JR総持寺駅アートプロジェクトでの作品展示をやっと見ることが出来ました。とても丁寧な設営でありがたく感じました。ウイーン西駅の風景が大阪の駅と重なる。あらためてとても感慨深かったです。移動すること、そして次を待つこと。いろんな思いがこみ上げてきました。「駅」という場所についても。こんなパブリックスペースでの展示空間が日本でもっと増えるといいなと思います。関係者の皆様、ご協力にあらためて心から感謝いたします。もうすぐ大阪では、実際の作品を展示する企画展もはじまります。
 
I finally got a chance to see my photo work exhibited at the JR Sojiji Station Art Project. I was very grateful for the elaborate set-up. I was deeply moved to see the scenery of Vienna West bahnhof overlaps with the station in Osaka. I thought about “moving”, and “waiting” for the next . And also, about the place called “station”.
I hope there will be more public exhibition spaces in Japan.
Thank all the people involved for their cooperation again.
 
JR総持寺アートプロジェクト「SOU」(第7回展示)
 

 

清春芸術村にて / At Kiyoharu Art Colony  

山梨県北杜市の清春芸術村。こちらのミュージアムショップで写真集「Station」を扱っていただいています。50冊ほどあったのも、ほとんど購入いただいたようです。ありがとうございます。清春芸術村には、清春白樺美術館(武者小路実篤や志賀直哉など、白樺派の作家ゆかりの美術館)、光の美術館(安藤忠雄氏の設計)、ルオー礼拝堂(ジョルジュ・ルオーの銅版画やステンドグラス)、茶室・徹(藤森照信氏の設計)、画家・梅原龍三郎のアトリエ、ゲストハウス・和心(新素材研究所=杉本博司+榊田倫之氏の設計)などが集まっています。ここの場所の空気感が本当に好きで。季節ごとに訪ねたい場所です。ちなみにウェブサイトの写真も撮影させていただきました。ぜひ近くにお越しの際はお立ち寄りください。
 
Photobook “Station” is available at Museum shop in Kiyoharu Art Colony, Yamanashi. It seems that most of 50 copies in this M/shop have been sold. Thank you very much.
 
写真集「Station」(夕書房)
清春芸術村(Kiyoharu Art Colony)
 

 

SOU – JR総持寺駅アートプロジェクトに参加しています


 

 
 
SOU – JR総持寺駅アートプロジェクト
第7回展示「Days are woven 織りなす日々」
会期: 2021.3.28 – 2021.9.
参加作家: 鷲尾和彦/大八木夏生/井上有美子/岡本由加
 
「一日一日の日々が積み重なり、その人の人生がかたちづくられてゆく。ふたつと無い日々の一断面は、人の歴史においてすべて等しく価値を持っているのではないでしょうか。ここに展示されている4つの日常の向こうには、それぞれの作家がみつめた奥行きと物語があります。作品が語る日常が時や場所を越えて今ここにある日常と出会うことによって、私たちは自分の時間を改めて知ることができます。そして同時にそれは、どんな時でもどんなところでも世界はひた向きに生きていることを教えてくれます。」(プレスリリースより)
 
photo by One Art Project
 

駅、移動、写真。大竹昭子×鷲尾和彦『Station』をめぐる対話

「鷲尾和彦、6年ぶりの写真集『Station』は、あらゆる意味で異色の作品です。2015年9月にオーストリア・ウィーンの駅のホームで偶然遭遇した「難民」の一群をとらえた本作は、撮影から5年の歳月をかけ、新型コロナウイルスの感染拡大の最中に出版されました。その不思議な魅力と鷲尾さんの中に生まれた変化を、文筆家の大竹昭子さんは見逃しませんでした。2020年7月10日、本屋B&Bのオンラインイベントとして行われた、写真の本質に切り込む2人の対話を、5回に分けてお届けします。」(夕書房)
 
 
第1回: なぜ「写真集」にしたのか
第2回: 「ステーション」への渇望
第3回: 撮った写真を見続けた5年間で何が起きたか
第4回: 誰もが「ステーション」にいる時代に
第5回: 「詠み人知らず」になりたい
 
※2020年7月に行った、文筆家の大竹昭子さんとの対談(本屋B&B主催オンラインイベント)の記録を、写真集「Station」の版元、夕書房さんが書き起こして下さいました。大変なお手数をおかけいたしました。心より感謝いたします。
 

鷲尾和彦 新作写真展『Sense of Place』のご案内


 

 
鷲尾和彦 写真展『Sense of Place』
 
会期:2020年9月29日(火)〜10月11日(日)
   12:00-19:00(最終日16:00まで) 月曜休廊
会場:Roonee 247 fine arts | Room 2

   東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビル4F
   TEL 03-6661-2276 
協力:Yahoo! JAPAN
 
 
“Sense of Place”
 


野原、畦道、雑草のしげみの中、
さまざまな草花が咲き競う光景に、突然出会うことがある。
光と影の中で瞬くその色や、
ほのかに漂う匂いにひき寄せられ、
私はそこへ近づこうとする。
よく目を凝らすと、小さな生き物たちも群れている。
私もその一匹だ。
 
偶然に決められたその場所に根を下ろし、
草花は、芽ばえ、咲き、実を結び、
やがて枯れて、新たな種を残す。
その場所に満ちているのは、
いのちの循環をまわそうとする意思としての生命力だ。
 
たとえ人の「社会」が弱ろうとも、
「世界」に生気は満ちている。
私は、社会と世界とを往き還る。
あの小さき蜂のように。
              
                


 
2020年9月 鷲尾和彦
 

写真集『Station』行記念トーク@誠光社(京都)

 

 
『移動すること、待つこと ——移民・難民をめぐる「長い話」』
写真集『Station』(夕書房)刊行記念トーク

会場:誠光社(京都)
日程:9月1日(火)19時〜20時半(終了予定)
配信チケット(別リンクが開きます)
 

Photo exhibition『Station』~ Moving photographies

 
■Roonee 247 Fine Arts (東京)
会 期: 2020年7月28日(火)〜8月30日(日)
   12:00-19:00 (最終日 16:00 まで) 月曜休廊、8/11~16は夏季休業 
会 場: Roonee 247 Fine Arts
   東京都中央区日本橋小伝馬町 17-9 さとうビルB館4F T/F 03-6661-2276
 
■誠光社(京都)
会 期: 2020年9月1日(火)〜9月15日(水)
   10:00-20:00 (最終日は 18:00 まで)
会 場: 誠光社
   京都府上京区中町通丸太町上ル俵屋町437 T/F 075-708-8340
 
■blackbird books(大阪)
会 期: 2020年9月17日(木)〜10月4日(日)
   10:00-19:00、月曜定休
会 場: blackbird books
   大阪府豊中市寺内 2-12-1 緑地ハッピーハイツ1F T/F 06-7173-9286
 
■SUNNY BOY BOOKS(東京)
会 期: 10月24日(土)〜11月4日(水)
    12:00-20:00 / 金曜定休
会 場: SUNNY BOY BOOKS
   〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15 
 
■千年一日珈琲焙煎所(つくば)
会 期: 11月12日(木)〜11月29日(土)
    12:00-20:00 / 金曜定休
会 場: 千年一日珈琲焙煎所
   〒305-0005 茨城県つくば市天久保3-21-3 星谷ビル 
 
(※会場は順次追加予定)
 
写真はいつでも境界線上にあります。目の前の風景とその向こう側、あるいは日々を送る場所と未だ足を踏み入れていない未知なる世界との境に。写真を見ることは、そうした境界線を通過する体験でもあります。『Station』の人々が駅から駅へと移動したように、写真と写真の中の人たちが全国の街の本屋さんやギャラリーなど人々が行き交う小さな「駅」に停まりながら、どこまでも移動していく——そんな連続写真展を開催します。お近くの「駅」に写真がやってきたら、ぜひ足を運んでみてください。移動をつづける写真の向こうに、何かを感じていただけたら幸いです。 (鷲尾和彦)
 

new book “Station”


 

 

 

 

 

 

 

 

 
Publisher 夕書房(Seki Shobo)
 

Border land(2017)

やがて写真集「Station」となる写真をウイーン西駅で撮ってから2年後、ハンガリーとセルビアの国境の町を訪ねた。バルカンルート・ゲート跡まで汗だくでレンタル自転車を漕いだ。彼らが歩いた跡、その人々を迎える側の人々が暮らす農村風景。そのどちらもこの目で見ておきたかった。僅かな時間しか滞在出来なかった、散々探して借りた自転車はサドルが壊れていたし、国境は遠かった。最後まで近づけなかった。農村風景は決して豊かだとは素直に思えなかった。でも美しかった。日に焼き尽くされた向日葵畑が延々続いていく中で、背丈の低い若いその一本だけが太陽を睨んで立っていた。
今日は世界難民の日。
 
Two years after I took the photographs for my book “Station” in Vienna, I visited the border town between Hungary and Serbia.
Sweating profusely, I have peddled an almost broken rented bicycle to the ruins of a gate on the Balkan route
I wanted to see where they walked passing through the gate, and the rural landscape where the people on the other side.
I wanted to see both.
I could only stay for a short time.The bike I borrowed after looking for a while had a broken saddle.The border is far away and I could not get close.I felt the rural landscape was not so rich. But it was very beautiful. The sun-burned sunflower fields stretched on and on, and only a short, young one stared at the sun and stood alone.
Today is The World Refugee Day.