鷲尾和彦

鷲尾和彦 新作写真展『Sense of Place』のご案内

 


 
鷲尾和彦 写真展『Sense of Place』
 
会期:2020年9月29日(火)〜10月11日(日)
   12:00-19:00(最終日16:00まで) 月曜休廊
会場:Roonee 247 fine arts | Room 2

   東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビル4F
   TEL 03-6661-2276 
協力:Yahoo! JAPAN
 
 
“Sense of Place”
 


野原、畦道、雑草のしげみの中、
さまざまな草花が咲き競う光景に、突然出会うことがある。
光と影の中で瞬くその色や、
ほのかに漂う匂いにひき寄せられ、
私はそこへ近づこうとする。
よく目を凝らすと、小さな生き物たちも群れている。
私もその一匹だ。
 
偶然に決められたその場所に根を下ろし、
草花は、芽ばえ、咲き、実を結び、
やがて枯れて、新たな種を残す。
その場所に満ちているのは、
いのちの循環をまわそうとする意思としての生命力だ。
 
たとえ人の「社会」が弱ろうとも、
「世界」に生気は満ちている。
私は、社会と世界とを往き還る。
あの小さき蜂のように。
              
                


 
2020年9月 鷲尾和彦
 

2020年9月12日(土)の日本経済新聞・文化面で写真集「Station」(夕書房)をご紹介いただきました。

2020年9月5日(土)の毎日新聞「今週の本棚」で写真集「Station」(夕書房)をご紹介いただきました。選者は作家・詩人の池澤夏樹さんです。

写真集『Station』行記念トーク@誠光社(京都)

 

 
『移動すること、待つこと ——移民・難民をめぐる「長い話」』
写真集『Station』(夕書房)刊行記念トーク

会場:誠光社(京都)
日程:9月1日(火)19時〜20時半(終了予定)
配信チケット(別リンクが開きます)
 

Photo exhibition『Station』~ Moving photographies

 
■Roonee 247 Fine Arts (東京)
会 期: 2020年7月28日(火)〜8月30日(日)
   12:00-19:00 (最終日 16:00 まで) 月曜休廊、8/11~16は夏季休業 
会 場: Roonee 247 Fine Arts
   東京都中央区日本橋小伝馬町 17-9 さとうビルB館4F T/F 03-6661-2276
 
■誠光社(京都)
会 期: 2020年9月1日(火)〜9月15日(水)
   10:00-20:00 (最終日は 18:00 まで)
会 場: 誠光社
   京都府上京区中町通丸太町上ル俵屋町437 T/F 075-708-8340
 
■blackbird books(大阪)
会 期: 2020年9月17日(木)〜~10月4日(日)
   10:00-19:00、月曜定休
会 場: blackbird books
   大阪府豊中市寺内 2-12-1 緑地ハッピーハイツ1F T/F 06-7173-9286
 
■Roonee 247 Fine Arts(東京)
会 期: 2020年9月29日(火)〜10 月 11 日(日)
   12:00-19:00 (最終日16:00まで) 月曜休廊 
会 場: Roonee 247 Fine Arts Room2
   東京都中央区日本橋小伝馬町 17-9 さとうビルB館4F T/F 03-6661-2276
 
(※会場は順次追加予定)
 
写真はいつでも境界線上にあります。目の前の風景とその向こう側、あるいは日々を送る場所と未だ足を踏み入れていない未知なる世界との境に。写真を見ることは、そうした境界線を通過する体験でもあります。『Station』の人々が駅から駅へと移動したように、写真と写真の中の人たちが全国の街の本屋さんやギャラリーなど人々が行き交う小さな「駅」に停まりながら、どこまでも移動していく——そんな連続写真展を開催します。お近くの「駅」に写真がやってきたら、ぜひ足を運んでみてください。移動をつづける写真の向こうに、何かを感じていただけたら幸いです。 (鷲尾和彦)
 

写真集『Station』 刊行記念オンライントークイベントの開催

写真集『Station』 刊行記念オンライントークイベント
7月10日 20:00-22:00 大竹昭子氏×鷲尾和彦 (東京・本屋B&B
)
 
お問い合わせ:
本屋B&B(別ウインドが開きます)
 

“TOKYO CURIOSITY 2020 SHIBUYA” (「東京好奇心 2020 渋谷」)


写真展「東京好奇心 2020 渋谷」(※新会期)

会期: 2020 年 10 月 20 日(火) – 11 月 12 日(木)
会場: Bunkamura ザ・ミュージアム
開館時間: 10:00〜19:00 / 金・土曜日:10:00〜21:00
入館料:
一般:当日/1,000円、前売・団体/800円
大学・高校生:当日/500円、前売・団体/400円
中学生以下:無料 *要学生証提示

Photo exhibition “TOKYO CURIOSITY 2020 SHIBUYA”
Date: 2020.10.20.(Tue)~11.12.(Thu)
Place: Bunkamura ザ・ミュージアム
Open: 10:00〜19:00 / 10:00〜21:00 (FRI,SAT)

Information:
TOKYO CURIOSITY 2020 SHIBUYA

Exhibiting artists
from “IMA ONLINE”

 

写真集『Station』(夕書房)刊行のご案内

 

 
鷲尾和彦 写真集『Station』
寄稿:梨木香歩
デザイン:須山悠里
刊行:夕書房
予価:3,600円(税抜)
88頁/A4変形・上製・栞挟み込み
ダブルトーン+カラー/日英バイリンガル
ISBN 978-4-909179-05-0 C0072
6月下旬より配本予定
 
写真集『Station』特設ページ(夕書房)にて現在予約受付中
 

 
I will publish a new photography book “Station”.People who are transiting and waiting for their future.Hope you to visit special website for this publication.
 

update: Some from editorial works (- 2019)


 
Web gallery (Link) : Some from editorial works (- 2019)

Culture City of East Asia 2019 Incheon, Photography and Film Festival / Incheon Asia Maritime Media Festival 2019

 

Culture City of East Asia 2019 Incheon, Photography and Film Festival
Incheon Asia Maritime Media Festival 2019
2019.08.15-09.15.

Unreleased works on “VOICE” web magazine.

Web Magazine “VOICE”. 2019.01.20.

「みすず」(November 2018. no.676.)

Contribution to “misuzu” magazine. November 2018. no.676.
a photography from “STATION” series, passengers from the east to the central Europe, on the platform, Wien Westbahnhof, Sep 2015.
先月に引き続き、「みすず」 2018年11月号(676号)に寄稿させて頂きました。ありがとうございます。

『SHIBUYA- TOKYO CURIOSITY 2018 』at Paris, France

Photo exhibition 『SHIBUYA- TOKYO CURIOSITY 2018 』

Date: October 19 – November 17, 2018
Venue: Mairie du 4e arrondissement de Paris
(the city hall of the 4th district, 2 place Baudoyer.)
Organized by:City of Paris, Tokyo Metropolitan Government, Institut français

鷲尾和彦「Station / Station」展のご案内

 

鷲尾和彦「Station / Station」展
日時: 2018.4.7.(土) – 4.30.(月・祝)11:00 – 19:00
会場: 高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)
入場料: 無料
休場: 月曜 (4月30日は祝日のため開場)
お問い合わせ:黄金町エリアマネージメントセンター

Kazuhiko Washio Exhibition “Station / Station ”
Date: 2018.4.7.(Sat) – 4.30.(Mon) 11:00 – 19:00
Place: Site-A Gallery Beneath the Railways (Yokohama, Koganecho)
Admission: Free
Close: Monday (except 4.30.Mon)
Info:Koganecho Area Manegement Center

※Opening Reception: 2018.4.6.(Fri) 18:30 ‒ 20:00

 

(※PRリリースより)
– 移動するとは何か、滞在するとは何か -
この度、黄金町エリアマネジメントセンターは、高架下スタジオ Site-A ギャラリーを会場に、写真家・鷲尾和 彦の個展「Station / Station」を開催いたします。鷲尾は、移り変わりのなかにいる人々を主な被写体として、撮影を行ってきました。今回は、作家が2015年9月にウィーン西駅で偶然遭遇したドイツへと向かう難民たちを収めた新作写真シリーズ「NEXT TRAIN」を日本初公開いたします。また、かつて「山谷」と呼ばれた日雇い労働者の町(東京・南千住)にある外国人旅行者専門の簡易宿で撮影したバックパッカーたちのポートレート写真「極東ホテル」シリーズを、同時に展示します。
安定した居住地から行き先が定まっていない人々が駅で過ごす姿と、海を渡り仮住まいの部屋で過ごすバックパッカーの姿は、多様な人々が行き交い、一時的に滞在し、そしてどこともなく移り住んでいく、黄金町のまち/黄金町 AIR の姿と重なります。日ノ出町駅と黄金町駅との間にある高架下のギャラリーに、安定的な場所 station から新たな滞在先 station へと移っていくさなかの人々の時間性を出現させることで、移動するとは何か、滞在するとは何か、その自由と権利の剥奪について問いかけます。

新作「NEXT TRAIN」シリーズを日本初公開
中央ヨーロッパの大都市を目指し移動する難民たちの写真を、インスタレーション作品として構築し、日本で初公開いたします。撮影から数週間後には、オーストリア共和国の政局が変わり、難民流入経路は遮断され、撮影が行われたウィーン西駅も難民たちに対しては封鎖されてしまいました。現在では見ることのできない、しかし今も行き場を探しさまよう難民たちのつかの間を、空間として立ち上げます。

 

2018.2.1.

Photo exhibition “transit” for European Premiere of “#JeSuis” by Aakash Odedra Company

Date:  16th Feb, 2018. (*Artist Talk from 18:30)
Place: Birmingham Hippodrome (Lobby), UK.
Produce: Aakash Odedra Company