鷲尾和彦

『海は、シャルル・ボードレールが書いたような、魂を映す鏡であるだけではない。海は私たちの一部をなし、私たちの血、私たちの命だ。私たちが海に流す毒は、また私たちの血管の中を流れる。私たちが海を侮辱すれば、私たちの肉体が破壊される。このすばらしい本に収められた映像の一枚一枚が貴重なのは、それが単なる映像ではないからだ――いやむしろ氏の映像は、ものが氾濫する今日の世界におけるすべての映像のあるべき姿を体現している。つまり生の営みの写し絵、現実の聖化になっているのだ。』(ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ)

"The sea is not only, as Charles Baudelaire wrote, a mirror of the soul. It is our element, and it is our blood and our life. The poison which we let flow into it also flows in our veins. The harm that we do to it destroys our own flesh. Every picture of this marvellous book is valuable, because they are not just pictures, or rather they should be what all pictures are in our world of superabundance: a copy of life, a making sacred of the real. " (from an introduction by Jean-Marie Gustave Le Clézio for Kazuhiko Washio's "To the Sea".)

前へ
次へ

back