鷲尾和彦

鷲尾和彦「Station / Station」展のご案内

 

鷲尾和彦「Station / Station」展
日時: 2018.4.7.(土) – 4.30.(月・祝)11:00 – 19:00
会場: 高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)
入場料: 無料
休場: 月曜 (4月30日は祝日のため開場)
お問い合わせ:黄金町エリアマネージメントセンター

Kazuhiko Washio Exhibition “Station / Station ”
Date: 2018.4.7.(Sat) – 4.30.(Mon) 11:00 – 19:00
Place: Site-A Gallery Beneath the Railways (Yokohama, Koganecho)
Admission: Free
Close: Monday (except 4.30.Mon)
Info:Koganecho Area Manegement Center

※Opening Reception: 2018.4.6.(Fri) 18:30 ‒ 20:00

 

(※PRリリースより)
– 移動するとは何か、滞在するとは何か -
この度、黄金町エリアマネジメントセンターは、高架下スタジオ Site-A ギャラリーを会場に、写真家・鷲尾和 彦の個展「Station / Station」を開催いたします。鷲尾は、移り変わりのなかにいる人々を主な被写体として、撮影を行ってきました。今回は、作家が2015年9月にウィーン西駅で偶然遭遇したドイツへと向かう難民たちを収めた新作写真シリーズ「NEXT TRAIN」を日本初公開いたします。また、かつて「山谷」と呼ばれた日雇い労働者の町(東京・南千住)にある外国人旅行者専門の簡易宿で撮影したバックパッカーたちのポートレート写真「極東ホテル」シリーズを、同時に展示します。
安定した居住地から行き先が定まっていない人々が駅で過ごす姿と、海を渡り仮住まいの部屋で過ごすバックパッカーの姿は、多様な人々が行き交い、一時的に滞在し、そしてどこともなく移り住んでいく、黄金町のまち/黄金町 AIR の姿と重なります。日ノ出町駅と黄金町駅との間にある高架下のギャラリーに、安定的な場所 station から新たな滞在先 station へと移っていくさなかの人々の時間性を出現させることで、移動するとは何か、滞在するとは何か、その自由と権利の剥奪について問いかけます。

新作「NEXT TRAIN」シリーズを日本初公開
中央ヨーロッパの大都市を目指し移動する難民たちの写真を、インスタレーション作品として構築し、日本で初公開いたします。撮影から数週間後には、オーストリア共和国の政局が変わり、難民流入経路は遮断され、撮影が行われたウィーン西駅も難民たちに対しては封鎖されてしまいました。現在では見ることのできない、しかし今も行き場を探しさまよう難民たちのつかの間を、空間として立ち上げます。

 

Artist Talk in Birmingham

Artist talk and photo slide projection for European Premiere of “#JeSuis” by Aakash Odedra Company, at Birmingham Hippodrome. 16th Feb, 2018.

“SHIBUYA – TOKYO CURIOSITY”

Exhibition “SHIBUYA – TOKYO CURIOSITY
Date: 2018.1.2 -1.8.
Place: Shibuya HIKARIE 8/CUBE

Photo exhibition『Seize the Uncertain Day – ふたしかなその日』

『Seize the Uncertain Day – ふたしかなその日』

「世界情勢が不安定ないま、〈そこにあるふたしかな日をそれでも生きる〉というしなやかで力強い姿勢が模索されています。本展で注目するのは、圧倒的な現実に向き合いながらも感情や心理の深いレベルでの新しいコミュニケーションの可能性を開いている「極私的ドキュメンタリー」。戦後日本の潮流において独自のスタイルを確立した作家の作品と、現在の不安定な社会状況に直面しながら制作を続ける若手作家たちの写真や映像、ドローイングを一堂に展示することで、「ふたしかさ」の上に展開される世界を提示します。」(プレスリリースより)

[会期]
2017年3月18日(土) 〜4月5日(水)
開館時間:10:00 – 18:00 (入場は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日
(※但し 3/20(月)は開館、3/21(火)は閉館)

入場料:無料

[会場]
東京藝術大学大学美術館陳列館

〒110-8714 東京都台東区上野公園 12-8 美術学部校内

[出展作家]
荒木経惟 / 金村修 / 川内倫子 / 川久保ジョイ / 城戸みゆき / 小森はるか+瀬尾夏美 / 篠田太郎 / 島田清夏 / 中平卓馬 / 楢橋朝子 / 林隆喜 / 久門剛史 / 百頭たけし / 森山大道 / 米田知子 / 弓削真由子 / 鷲尾和彦

[監修]
長谷川祐子(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科 教授)
共同キュレーター:内海潤也 / 黒沢聖覇 / 周浩 / 鈴木葉二 / 峰岸優香 / 宮内芽依 / 宮川緑 (東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻修士課程在籍)

[主催]
東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻


[特別協賛]
一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン

   
  
『Seize the Uncertain Day』
Date: Sat.18th March, 2017 – Wed.5th April.2017
Place: Chinretsukan Gallery (The University Museum, Tokyo University of the Arts)

Artists:
Nobuyoshi Araki / Osamu Kanemura / Rinko Kawauchi / Yoi Kawakubo / Miyuki Kido / Haruka Komori + Natsumi Seo / Taro Shinoda / Sayaka Shimada / Takuma Nakahira / Asako Narahashi / Takanobu Hayashi / Tsuyoshi Hisakado / Takeshi Hyakuto / Daido Moriyama / Tomoko Yoneda / Mayuko Yuge / Kazuhiko Washio

Produce:
Tokyo University of the Arts Graduate School of Global Arts, Department of Arts Studies and Curatorial Practices

“the artfair +plus-ultra” 2016.12.12-20.

Original prints selected from “Hotel Fareast”, “To the Sea”, “A la Mer” will be exhibited and sold at up-coming art festival in Tokyo on this December.
 
Exhibitor: Roonee 247 Photography
(Eikoh Hosoe, Seiji Kumagai, Kazuhiko Washio)
      
the artfair +plus-ultra
date: 2016.12.17.(Sat) – 20(Tue)
Time: 11:00 – 20:00
Entrance fee: Free
place: Spiral Garden (Omotesando, Tokyo)

  
12月東京・表参道で開催されるアートフェアに、Roonee 247 Photographyブースより出展いたします。「To the Sea」〜「A la Mer」、および「極東ホテル」からセレクトしたオリジナルプリントを出品いたします。ぜひお越し下さい。
 
展示ブース: Roonee 247 Photography
(細江英公、熊谷聖司、鷲尾和彦)
 
ジ・アートフェア +プリュス―ウルトラ
日程: 2016.12.17.(Sat) – 20(Tue)
時間: 11:00 – 20:00
入場料: 無料
会場: Spiral Garden (表参道)
 
 

“TRANSIT” exhibition at Ars Electronica Festival 2016

673c0507

Photo exhibition “TRANSIT”
at Ars Electronica Festival 2016 “RADICAL ATOMS”
Date: September 8th-12th, 2016, 10 AM-7:30 PM
Venue: POSTCITY, Conference Hall

“A young blonde said to me, “Welcome.” Last September, transiting to the airport, at Vienna’s Westbahnhof rail terminus I was suddenly caught up in the crowd transiting to Europe from the east. Side by side, we are waiting for the next train. I could not see any difference between the scene of lots of families with kids chattering, drinking, playing and eating food prepared by volunteers and my own holiday with my family. We share lives to be tossed by the huge force exceeding personal abilities. We are tiny pieces floating around in the world. A young blonde made a mistake? ”

new photo exhibition “A la Mer ” at ESPACE KUU

160603_washio_a4リーフ

鷲尾和彦 写真展『A la Mer 海へ』
2016年7月1日(金)〜 9月25日(日)
会場:ESPACE KUU 空 (大正大学 5号館1階)
〒709-0601 東京都豊島区西巣鴨3-20-1

テキスト・朗読:ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ
後援:フランス大使館、豊島区
特別協力:ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ、中地善和(東京大学)、NPO法人東京画

Kazuhiko WASHIO exhibition “A la Mer”
2016.7.1.(Fri) -9.25.(Sun)
Place: ESPACE KUU (Taisyo University)

Poetry Reading: Jean-Marie Gustave Le Clézio
sponsored by: Ambassade de France au Japon, Toshima Ward Office
special cooperation by: Jean-Marie Gustave Le Clézio, Kazuyoshi Nakaji (Tokyo University), NPO Tokyo-Ga

URL: http://taisho-kuu.tokyo/

Photo exhibition “Hotel Fareast”

HFDM

鷲尾和彦 写真展『極東ホテル』

2016年7月1日(金)~ 26日(火)
10:00~18:00(水曜日・木曜日休廊)

Gallery 722
〒709-0601 岡山市東区吉井208 ホワイトガーデン内
TEL: 086-238-4533

「旅の途中、不本意にも足止めされた場所での無聊の時間、これらのポートレートが伝えるのはあのザラザラした時間感覚。その場の湿度や温度がかくもリアルに実感させられるポートレートに私は目が離せなかった。見知らぬ国で見知らぬ写真家に写真を撮られる瞬間、彼らは一体どんな想いでいたのだろうか? 人生は旅、毎日が旅の途中。ここには本物の人生の時間が写されている。」
太田菜穂子(キュレーター)

 

KAZUHIKO WASHIO photo exhibition “Hotel Fareast”

2016.7.1.(fri) – 26.(tue)
open: 10:00~18:00(close/ Wed, Thur. )

Gallery 722
White Garden, 208 Yoshii, Higashi-ku, Okayama.
TEL: 086-238-4533

デジタルカメラマガジン2016年5月号(インプレス)

Contributed an essay and also photos to “Digital Camera Magazine 2015.May issue”, about a LENS I used for the “The Fishery”project.
デジタルカメラマガジン2016年5月号」(インプレス)の、連載『私の写真を変えたレンズ』に寄稿させて頂いています。

『春を恨んだりはしない – 震災をめぐって考えたこと』 (中公文庫)

91XSJ6G8f5L

このたび、『春を恨んだりはしない – 震災をめぐって考えたこと』の文庫版が中公文庫より刊行となりました。池澤夏樹さんの新たなエッセイも収録されています。
 

内容(「BOOK」データベースより)
薄れさせてはいけない。あの時に感じたことが本物である―罹災者の肉声、災害と国民性、ボランティアの基本原理、エネルギーの未来図…。被災地を歩き、多面的に震災をとらえて大きな反響を呼んだ唯一無二のリポート。鷲尾和彦による写真十六点を収録。その後の東北をめぐるエッセイを新たに付す。